www.crmcfoundation.com

愛車を売るとき、所有車の売却の時も印鑑証明というものが必要です。この印鑑証明という書類について解説していきます。印鑑証明とは、実印で間違いないという事実を裏付ける書類です。印鑑証明書がなければ、その印鑑が実印として認められているかどうかが実証できません。決して小さくない取引になる愛車の買取ですから、必然的に実印が必要になりますが、それとセットで印鑑証明が必要となるのです。印鑑証明をつくるには事前に印鑑証明をすることが必要です。登録する印は正式には実印と言われ世界で唯一の印である必要があります。この実印を手配して、自分が住む役所の窓口へいけばすぐに印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードというものが発行され登録が完了したハンコは実印として使えるようになったということになります。印鑑証明書を交付してもらうためには市町村役場の窓口で、専用の書類に必要事項を書いて、印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。それから自動交付機を使って印鑑証明書を発行することができます。印鑑証明そのものには有効期限などはないのです。ですから、いつ取得した印鑑証明だとしても効力は続くことになります。ですが、中古車買取の時は、効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類である必要があります。基本的には有効期限の定めはないですが、中古車の買い取りの際には業者側が必須となる有効期限を定めていますので、もしも中古車の買い取りを検討している場合は買い取りが成立する前に持っておく必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.crmcfoundation.com All Rights Reserved.